HOME > 矯正治療 > 診断と治療方針 

安心安全の医療は、高精度な検査システムによって支えられています

  • 1.コーンビームCT
  •  
  •  当クリニックでは、最新鋭コーンビームCTを導入し、顎顔面の3次元解析を行い、難症例の診断と治療にも積極的に取り組んでいます。
  •  
  • コーンビームCT
  • 2.デジタルX線撮影
  •  
  • 当クリニックでは、全ての画像診断にデジタルX線装置を使用し、被爆線量の低減化を図るとともに、高精度の画像診断を行います。
  •  
  • デジタルX線撮影
  • 3.機能検査
  •  
  • 不正咬合には、舌や唇を咬む癖、口呼吸なのど機能的な問題を抱えている症例が数多く存在しています。機能的な障害は、治療の妨げとなるばかりか治療後の後戻りの原因ともなります。
    当クリニックでは、機能的な障害の診断を重視し、積極的に機能訓練を含めた治療に取り組んでいます。
  •  
  • 鼻腔通気度計
    鼻腔通気度計
    顎運動測定装置
    顎運動測定装置
  • デジタル口唇圧計
    デジタル口唇圧計
    咬合器
    咬合器
    筋電計
    筋電計
  • 診断と治療計画
  •  
  • 画像解析や機能分析の結果から、治療後に求められる歯並びと均整の取れたお顔のデザインを行います。この治療目標に向けて計画的な治療を行ってまいります。
  •  
  • 治療前
    ↓
    治療計画
    ↓
    治療後