HOME > 治療費・保険適応 > 医療費控除について

矯正治療は、医療費控除の対象となります

 本人または本人と生計を共にしている配偶者、家族の医療費を1年間に10万円以上支払った場合には、確定申告をされる際に「医療費控除」が適応され、所得税が還付または軽減されます。さらに、住民税も軽減されます。


医療費控除の申請について


 確定申告の時期に(通年2月16日から3月15日締め切り)「給与所得者の還付金申告書」または個人事業者の場合は「確定申告書」にて税務署に申請します。年間に支払った医療意が10万円以上でなければ控除の対象とはなりません。 尚、矯正治療費は成人でも医療費控除の対象となります。税務署から診断書の提出を求められた場合は、当院にて診断書を作成致しますのでお申し出ください。